スタッフブログ一覧

地盤と耐震性の話

地震が発生した時に建物が倒壊しやすいかどうかという話は、建物の耐震性のみに左右されるわけではありません。耐震性と共に重要になるのが地盤で、地盤が固いか緩いかによっても、建物の倒壊リスクは大きく左右することになります。

一番問題なのは建物の耐震性が低く、地盤が緩い場所に建てられているというケースです。この場合、地震が発生した際に建物が倒壊するリスクが非常に高くなりますので注意が必要です。土地は一度購入してしまうと、手放すことも困難になりますので、購入前に下調べをしておくと良いでしょう。もしも既に土地は購入してしまっている場合でも地盤改良の工事を行うことによって改善できます。住宅を建てる前には地盤調査を行っておいた方が、倒壊のリスクを低減させることが可能なため良いと言えますね。

地盤の調査の方法には、直接その土地を掘って調査する方法もありますが、それ以外にも以前の調査結果を見ることも可能で、活断層データベースや土地条件図など、国のデータベースを利用することも1つの手です。